Paris日記⑥行きたかったお店編(2)

怒涛のParis練り歩きDayの続きです☆

Merciを後にし、近くのBoot Cafeへ。

ここには髪の長い日本人の男の子がいて、私の友人たちはParisへ行った際このカフェに立ち寄り彼から色々なParis豆知識を教えてもらっているそうです。

私も潜入してみました。髪の長い男の子が1人で忙しそうにテキパキコーヒーを淹れています。

お客さんはアジア人ばかり。。。(自分もアジア人ですが….)すぐに退散!次の目的地へ。

このブルーのBoot Cafeの上には赤いブーツの看板が!

昔、靴の修理工房だったそうでその名残を残した店名と看板が私はとても好きです。

テクテク歩いて近くにあるPoilaneの割と最近できたお店へ。

広くて近代的で綺麗!!!

ボンマル近くのSevresのお店の外観も大好きですが、このシックなブラックの装いも良い感じ。

早速潜入。

大好物のクロワッサンをpick up、そしてお土産用に大量のクッキーを購入。

丸い物とスプーンの形の物を買い占め(持つのが大変なぐらい重かったですが)夜ホテルに戻るまでなんとか頑張って持って歩きました。

(どんどん荷物が増え、しまいには手がちぎれそうでしたが。。。。。)

次の目的地は買い付けもしたいと思っていたMUSKHANEへ。

フランス人のヴァレリーとティエリー、2人がネパールの豊かな素材と色彩、職人技に惚れ込んで2002年に始めたこのお店。

フェルトの雑貨がたくさんあってウィンドウのディスプレイも素敵!

左側はウェアやストール、ポンポン付きのバッグなどがあってパリのマダムたちがたくさん来店していました。

買い付けたい物を日本ではたくさん考えていたのですが、いざお店へ入るとsold outの物も多く残念。。。

でも大好きなモビールや星の飾り、小さなキノコの飾りを買えて大満足。

もっともっと色々と欲しかったですが、また次回に★

そして少し離れた所にある行きたかったお店を目指し、重い荷物を持ちながら急ぐ私。

大好きなFONDATION CAFEを横目に(お腹がいっぱいで入れず残念)いざOfr.へ。

海外のBook Storeが大好きです。トートバッグをいくつか購入してお店を少し眺めて帰りました。

夕食の待ち合わせを友人としていたのですが、まだ時間があったので2年前にマレにオープンしたこちらも見る事に。

セキュリティも厳重で中は大混雑、外にも行列ができていて入る事はできませんでしたが、日本でもアメリカでも暴動が起きる程の人気ぶり。すごいですね。

マレにあったこの落書きが印象的でした。

Supremeがラコステのワニに食べられてる!フランスにSupはいらないよね!

ウィットに富んだ落書きにほっこりしました。

つづく★

スポンサーリンク
スポンサーリンク