iPhone+SNS問題

その昔、世の中に携帯電話なんて物が普及していなかった頃、約束を守るのは当たり前だった気がします。

駅の改札に伝言板があって、

先に行きます。とか

○○駅で待っています。なんていうメッセージが書かれていたのを幼い頃見た記憶があります。

人が人らしい(?)生活をしていたというかちゃんと向き合えていた気もします。(不誠実な人間もいたとは思いますが、今よりも人間関係が希薄ではない気が….)

私は人を待たせるのが嫌で、割と早めの行動を心掛けています。

相手を待たせていると思うと、もうそれだけで疲労困憊気味。笑

でも携帯電話を持つのが当たり前の現代、遅刻やドタキャンもどうって事ない人たちが割と少なくない事が信じられません。

そういう人に限って自分が同じ事をされると怒ったり。

矛盾してるよなぁ。と思いつつできるだけそういう人たちとはとは関わらないようにしよう!と思う今日この頃。

幸いにも私の友人たちは早め行動の人が多いので、少し早く着いたなぁ。と思っても相手も来てくれていてすぐに合流できたり。嬉しいです。

類は友を呼ぶって案外当たってますよね。

そしてSNS。

instaに疲れたと書きながらやり続ける若者や、いいねし合ったり共通の趣味があって楽しそうだったら知らない人でも全然会いますよ!という若者たち。すごいなぁと思います。

SNSみたいな虚構の世界で生きているから、ちゃんと人と向き合えなかったり、言いたい事も直接言えずTwitterに思いのたけをつぶやいたりしているのかなぁと思うとなんだか心配になります。

年下の子に「友達とケンカする?」と聞くとほぼ全員「しないです!」と答えます。

なんでも気に入らなかったり嫌な事があるとその人とは関わらないそう。

私はそういう事もちゃんと本人に言うべきだと思います。

友達なら言えるはず。

面倒になったら切るなんてそんなの友達でもなんでもないと思うのですが、そんな考え方が古いんですかねー。

私には分かりません。

因みに私は親友とケンカもしますが、家族のような信頼感もあり何でも言い合えます。

いつもいつもべったりではないけれど、絶対的な存在。

いいねをし合ったりつぶやくのが当たり前な世代にはそんな存在はいないのかなと思うと少し寂しくもあります。

携帯電話やSNSが明日から全てなくなってしまったら….一体世の中どうなるんですかね。

カタルシス失礼しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク