Paris日記⑯パリジャンと密会編

3年前のParisのメトロでチケットを買おうとしたところ、機械の故障?か何かでチケットがうまく買えず後ろにいた男の子に「英語話せる?」と聞き助けてもらった事がありました。

丁度同じ方向だったので色々話ながらメトロに乗ったのですが、彼は数学の先生で数ヶ月前に日本へ旅行で行ったとの事。

渋谷の街を歩いたり、温泉、沖縄にも行ったそうでそんな話をしながらメトロに乗る事10分程。先に私の目的地へ着いたのでお礼を言い、降りる間際に彼が名刺をくれたのでまたmailするね。と言って別れました。

日本へ帰ってからはたまにmailのやり取りをしたり、助けてもらったお礼にかまわぬの手ぬぐいを送ったりしてまた次にParisへ来たらランチでもしようねと話していたのですが。。。。

まさかランチが実現するとは思っていませんでした。

急遽Paris行きが決まり、来週Parisへ行くよ!とmailしてみたところ約束のファラフェルを食べに行こう!と言ってくれて(3年前、Parisでファラフェルを食べようと思っていたのにタイミングが合わず食べられなかったと話したら、次にParisへ来たら1番おいしいお店に食べに行こう!と言ってくれたのです)密会する事に!

お互い覚えているかなぁと思いながら送ってくれたgoogle mapを見て指定された場所へ。

お店でも公園でもなさそうだけど、どこなんだろうと思いながら歩く私。

途中大好きなカルナバレ美術館(2019年まで改装工事中)の前で演奏しているムッシュたちがとても粋でした。

そして目的地へ。

待ち合わせ場所は小さな泉のある小ぢんまりとした広場でした。

パリジャンて小粋!

生まれて初めての泉で待ち合わせ。しばらくするとRaphaelがやってきました。

この場所なら他に人もいないし待ち合わせにはピッタリですが、お互い全然変わっていなかったのですぐ分かり、ずっと昔からの友人と再会したような懐かしさでいっぱいでした。

旅は楽しいですね。

そして3年前たった10分程偶然が重なり出会っただけの人とも、お互い誠実な気持ちがあればまた出会えるんだなぁと不思議な気分になりました。

SNSが当たり前の世の中。

そして人との約束を約束と思わない人を何度か見た事があるので、やっぱり自分はそういう人たちとは合わないし、自分が本当に信頼できる人達の事を大切にしていきたいと思いました。

話が逸れましたが、マレ在住生粋のパリジャンのお勧めファラフェルのお店へ。

マレ地区にはファラフェル屋さんが何軒かあるのですが、1番有名(というか行列している)なグリーンのお店と人はまばらな赤いお店が通りを挟んで向かい合っています。

もちろんRaphaelは空いている赤いお店へ。

いつも来ているお店だそうです。

私はファラフェルを。Raphaelはビーフの入ったもの(?)をフランス語でオーダーしてくれてごちそうしてくれました☆

少し寒かったけど、これまた行きつけの近くの公園のベンチに座ってあれこれ話ながらのファラフェルタイム。

なかなかBigでびっくりする程食べづらいのですが、味は絶品!!!

本当においしくてぺろりと平らげてしまいました。

さすが生粋のパリっ子のお勧めは違うなぁと思いながら近くにある※PLACE DES VOSGESへ。

※ヴォージュ広場 アンリ4世が造ったとても美しい、パリで最も古い広場です。

ここの芝生の上でいつも読書をしているそう。

マレに住んでマレで働くなんていいなぁ。とても羨ましい。

寒かったので近くのカフェへ。

私はカフェクレームですが、Raphaelの葉っぱ入りの飲み物は何だったのだろう。。。

話に夢中で聞き忘れました。笑

色んな話をして本当に楽しかったし、3年ぶりに再会できて良かったです。

次は東京かまたParisで会おうと言って別れました。

Merci!!!

カフェで座ったテラス席の壁の上にはさかながいました☆

つづく★

スポンサーリンク
スポンサーリンク