とめどない紙もの愛

昔から好きなお店。
空き時間があったので久しぶりに行ってみたところ、愛してやまないDead stockの紙もののpop-up event中!!
(運命だと思ったのはここだけの話)
もちろん全てMade in Franceの小さな袋たち。
私の大好物です。
今まで大多数の人にそんな小さな袋何に使うの?と言われ続けてきましたが、誰かにちょっとした物をあげる時などこういった小さな袋は大活躍します。

何より80年近く前の時代から現代まで残っていた事が奇跡だし、昔の人の暮らしぶりなどが垣間見える気がしてそれだけでワクワクします。
歴史を感じるあれこれが私は大好きです。

持っているだけでも大満足。

お店のディスプレイ。何を連れ帰るか….ここからが勝負です。
まずさっと一周見て、そこから特に気になった物の時代やら何に使われていた袋なのかをじっくり見る。
そしてまた一周。
最後に自分の直観で数点pick upします。
帰るのも名残惜しいぐらいでしたが、とても楽しいひと時でした。

昔親友と何気なく入ったお店でやはり私は紙ものに夢中になり、しばし親友の存在を忘れました。
「そんなに真剣に選んで何に使うの?」と言われましたが、辛抱強く待っていてくれた友人。
未だにネタにされるエピソードですが、いつも私の言動を尊重してくれる優しい人です。

今回私が選んだのはこちら。
IMG_9137
中でも特に気に入ったのが1930年代のマルセイユ地方のクロワッサン屋さんの袋(三日月の絵のもの)と
軍の配給米用の袋(RIZと赤で描かれたもの)です。
パスタメーカーの物やヨーグルトの袋、コーヒー豆用の袋など食べ物関連の物は絵柄もかわいくて好みです。
この愛しの小袋たちをどう使うか考えるのもまた楽しいです☆

M’ITでも少し紙ものを扱っています。
今日本では買う事のできないParisのカフェ MARLETTEのトートバッグもお勧めです。
IMG_9029
下記リンクから詳細も見て頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク