colette forever

20日にParisのcoletteが20年の歴史に幕を閉じました。

Parisに行けば、ド・ゴールから市内に入りホテルにチェックイン後まず行くお店。
どんなに時差で疲れていても、coletteに入るとあーParisへ来たんだなぁとワクワクしたものです。
20年近く前、ELLE Japonで毎月コレット通信という連載を掲載していました。
コレットのウィンドウやトピックが詰め込まれたこの連載が毎月とても楽しみで、今でもスクラップしてあります。
世界に1店舗しかないスペシャル感と様々なブランド、メゾンとのコラボレーションもcoletteならでは。
サラのファッションやスタッフの着こなしもいつも素敵で行く度にこっそり観察していた私です。
サラのママンはいつもお店に立っているのに、誰も素性を知らないというウソみたいな本当の話も素敵だなぁと思ったり。
ラストの日、様々な人がinsTAGSramにcoletteの様子をpostしていましたが、
Olympia letanさんのinsTAGSramの写真がとても素敵だったのでお借りしてきました。
サラにそっくりのママン。
初めて見る事ができて嬉しかったです。
最終日はお店を出ていくお客さまにサラ自らcolette×ysl×PIERRE MARCOLINIのブルーのハート型のチョコレートを配ったそうです。
私も欲しかったなぁ。。。
写真はmakikomizoguchiさんの素敵なinsTAGSramからお借りしています。
もっともっとcoletteに行きたかったです。
跡地はYSLのshopになるそうですが、coletteのようなshopがなくなってしまい、本当に残念です。
密かにサラが新たなコンセプトストアを始めるのではないかと期待しているのですが、もし実現したらすぐにでも駆けつけたいです。
 
クリスマスも目前ですね。
是非M’ITで人気のpositionのアクセサリーなどギフトにされてみてはどうでしょう。
下記リンクから詳細も見て頂けると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク