国内外の様々な物の収集を目の当たりにして狂喜乱舞した日。

少し前になりますが、5/30,31と2日連続で2016年に急逝された柳本浩市さんの展覧会へ行ってきました。この展覧会は柳本さんをアーキヴィストとして捉え、生前柳本さんが作成した1000冊以上の資料ファイルの公開、また収集されていた世界各国の日用品と共にスーパーマーケットなどで入手した食品パッケージ、洗剤などの容器、配送用ボックスなどありとあらゆる物が大量に展示されていました。

 


もともと私は自分が好き!と思える様々な物をジャンルに関係なく集めるのが密かな楽しみでもあり、90’Sの雑誌等もそのまま保存していたりファイリングしたり….

                   
 海外へ行った際は紙モノを大量に持ち帰って大切に保存してはいたものの、今回この展示を見て自分の収集能力の甘さを痛感しました。(当たり前なのですが….)

 

 

   

※今回M’ITでスタンプをお買い上げの方に先着でお入れしようとアメリカのポップコーン袋を用意したのですが、柳本さんのUSA Supermarket(確か….)ファイルの中に発見しました。

1日では見足りず、翌日も時間があった為会場へ足を運びファイルにかじりついて様々な資料を読みまくりました。
もしも機会があったなら1度お会いしてお話してみたかったです。
それほど柳本さんという方の魅力が収集された物から伝わってくる素敵な展覧会でした。
またこのような展覧会をどこかでやって頂けたらいいなぁと密かに願っています。

私も持っている物が展示されているのを見た時は飛び上がるほど嬉しかったです!

 

 

 

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク